image
【申込み〆切ました】
多数のお申込みありがとう御座いました。
キャンプの変革期
次世代を見据えたキャンプ場運営。
より素敵なキャンプ場で素晴らしい体験を多くの方にして頂くために。

キャンプ・登山・フライフィッシング等の豊富なアウトドア経験をもとに「アウトドア ライフ プロデューサー」として活動している松山拓也が講師となり、実際にプロデュースを行っているキャンプ場を実例として、キャンプ場の運営や支援について無料オンラインセミナーでお話しします。
こんな方におすすめ!

◎遊休地や公園を利用して新たに作るキャンプ場計画の担当の方。
◎市営キャンプ場や野外活動施設のリニューアルをしてイメージアップを図りたい。
◎今あるキャンプ場を活用するヒントがほしい

◎キャンプ場の民間委託や民営化を検討している。
2022年1/19(水)

13:30〜15:30(定員40名)先着順
セミナー
事前アンケートに関するQ&A


セミナー内容

運営者が知らないと恥をかくキャンプ・アウトドアの変遷と常識

閉鎖されたキャンプ場の再生事例
TV・雑誌で取り上げられ人気。
・プロデュースの経緯
・携帯の電波が届かない、不便を逆手にとった再生戦略。
・街灯をなくすことにより綺麗に見える星空を売りに。
・立地を生かしたフィールドデザイン。ウッドデッキサイト。
・キャンプの醍醐味を楽しめる焚火専用プライベート空間。

既存キャンプ場のリニューアル事例
昭和のキャンプ場を現代に。
・次世代のキャンプ場へのシフトチェンジ。
・時代に合ったルール変更の大切さ。
・料金改定売上シミュレーション。
・ネット予約でスタッフの負担減。予約システム導入例

最新キャンプ場事情
・キャンプ場運営民間とのコラボの可能性

※上記の内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。
キャンプ場運営セミナー
参加申込みはコチラ
講師
アウトドア ライフ プロデューサー
松山 拓也 まつやま たくや
〇アウトドアスクール「アウトドアの学校」校長
〇株式会社マツヤマ・デザイン代表取締役 〇旅する会社代表
〇デザイン統括・Webプロデューサー 〇カメラマン
1973年静岡県生まれ。
14歳のとき、自転車にテントを積みキャンプに出かけて以来、年間30日以上のテント暮らしを全国各地で30年以上続け、日本のみならずアメリカ イエローストーン国立公園などでもキャンプを行う。キャンプ・登山・フライフィッシングを愛し、川野信之氏・小川博彦氏・佐藤雄一氏にフライフィッシングを学ぶ。北海道にて、辺境の旅人フォトジャーナリスト残間正之氏に師事。自社の社員研修では、スタッフとキャンプをしながら旅をする。こうした経験を活かし、2013年から、アウトドアの楽しみ方を広めるために、仲間とともに「アウトドアの学校」を開校。「炭焼の杜 明ヶ島キャンプ場」「ならここの里キャンプ場」、「朝霧高原 英知の杜キャンプ場」のプロデュースを手がける。
<おもな著作・出演>
監修「キャンプ大事典」(成美堂出版)
出演「NHK 美の壺 キャンプ」
取材「旅の月刊誌 ひととき(ウェッジ社) 特集 琵琶湖グランピング」
出演「釣り専門チャンネル 釣りビジョン 参るぞ狼」 ほか
>その他 活動内容 実績
その他キャンプ場や候補地の適正調査など個別相談も承ります。
キャンプ場運営セミナー
参加申込みはコチラ
参加申込み
以下記入フォームへ必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

●定員:40名
●参加費:無料
●参加方法
本セミナーはzoomを利用したオンラインセミナーとなります。本ページからお申し込み後、追って参加URLをお送りします。当日は時間になりましたらURLにアクセスしてください。(インターネットにつながるPC・スマホ・タブレットが必要となります。)
<注意事項> 本セミナーは、行政・自治体さま向けのセミナーです。その他団体・企業さまの個別相談は専用の窓口からお問い合わせください。
※入力必須項目
ご参加いただく方の情報を入力してください。
※参加者が複数名の場合、お手数ですが参加者1名様毎にご入力・送信をお願いいたします。
■団体名 必須
■部署名 必須
■役職 必須
■お名前 必須
■電話番号 必須
■メールアドレス 必須

■メールアドレス(確認用)

事前アンケート
セミナー後半の部の資料となります。現状の課題等をご記入ください。
■現在直面している課題はありますか?
 必須
既存のキャンプ場を改修またはリニューアルしたい
遊休地を活用したい
公園をキャンプ場にしたい
森林公園・青少年センターをキャンプ場にしたい。
キャンプ場の民間委託や民営化を検討している。
その他
特にない
■問題点、課題を記入ください。 必須

■キャンプ場、アウトドア関連施設を今後、観光やテレワークなど、新しい活用方法を検討していくつもりがありますか?
 必須
ある
無い
何とも言えない
■活用していく予定がある場合は、具体的にどのような活用方法かをご記載ください。

■キャンプ場の運営や改修・設立において、ご質問したい、聞きたい点がありましたら記載ください。

NoCounter
キャンプ場運営セミナーTOP
マツヤマ・デザインTOP