アウトドアプロデュース
〈アウトドアプロデューサー〉
キャンプ場のプロデュースやアウトドア製品のプロデュース、
アウトドア(キャンプ・登山・フライフィッシング等)の豊富な経験をもとに「アウトドアプロデューサー」として活動をしています。

アウトドア ライフ プロデューサー

アウトドア・アウトドア ライフ プロデュース業務

キャンプ場のコンサルタント(リサーチ・経営のご相談・開業可能かどうかのご相談)
キャンプ場のプロデュース(新規開設・リニューアルのご相談)
キャンプ場のマーケティングリサーチ(価格設定・ターゲットの策定)
アウトドア関連の講義・講演・セミナー
アウトドアグッズの制作のコンサルタント・プロデュース
キャンプ場の広報物の監修・管理 (テレビ番組・雑誌等の特集・WEB広報の戦略立案・ホームページ・ポスター・パンフレット等の統一イメージの監修、SNSを使った広報とプレスリリース)
キャンプ場の施設の改造・新規製作
キャンプ場のマネジメントコンサルタント(経営改善や料金設定、顧客満足度の向上、リピート率改善)

キャンプ場の新規開設や再生などのプロデュースのご相談やお見積りについては
コチラをご覧ください>







松山拓也 プロフィール
1973年生まれ。14歳の時、自転車の後ろにテントを積みキャンプに出かけて以来、年間30日以上のテント暮らしを全国各地で30年以上続ける。

川野信之氏小川博彦氏・佐藤雄一氏にフライフィッシングを学び、以来アメリカイエローストーン国立公園や、北海道では残間正之氏に師事し、釣りやキャンプを楽しむ。

また、「頂上を目指さない富士山さんぽ」著者 鈴木渉氏山をはじめとする山の仲間と「アウトドアの学校」を主催し ゆっくりとしたアウトドアの楽しみ方を広める。

代表を務めるデザイン会社「株式会社 マツヤマデザイン」では塩田俊朗氏、イヴォン・シュイナード氏、浜野安宏氏の影響を多大に受け、 スタッフ全員によるキャンプしながら旅をする社員研修などを実践し、WEBサイトやグラフィックデザインを制作。

2016年イメージクリエイティブを専門とする「旅する会社」を設立し、地域ビジュアルプロデュース、企業ビジュアルプロデュース等を手がける。 「素敵、行ってみたいを作る会社」としてWEBサイト「僕らが旅に出る理由」を運営する。


活動実績
<セミナー・講義講演活動>


【申込み〆切ました】多数のお申込みありがとう御座いました。
■「キャンプ場運営セミナー」
キャンプ・登山・フライフィッシング等の豊富なアウトドア経験をもとに「アウトドア ライフ プロデューサー」として活動している松山拓也が講師となり、実際にプロデュースを行っているキャンプ場を実例として、キャンプ場の運営や支援について無料オンラインセミナーで開催。

<セミナー履歴>
第1回 2021年10月27日(水)午前 
第2回 2021年10月27日(水)午前 
第3回 2022年1月19日(水)午後





<アウトドアスクール>

 
■「アウトドアの学校」
運営 アウトドア(登山・キャンプ・フライフィッシング)の講義を全5回の受講で2013年から現在まで活動中、全5回約半年の講義で卒業した生徒は約100名を超え通算の受講者は300名以上。まったく経験の無い一般の女子でもアウトドアデビューできるアウトドアの道具の買い方からキャンプ、山仲間の作り方まで教える入門講座を開催。収益の一部をフィールドである廃校となった小学校「さくら咲く学校」のさくら基金に寄付する活動を続けている。
アウトドアの学校 公式ホームページ http://www.md-f.jp/outdoor/




<キャンプ場・アウトドア道具 プロデュース>


■「炭焼の杜明ケ島キャンプ場」(2017年〜) 【静岡県掛川市】
閉鎖されていた市営のキャンプ場「明ケ島キャンプ場」を、2017年「炭焼の杜明ケ島キャンプ場」としてフルリニューアルオープン。コンセプト・テーマ・ルール等を全て一新し、インスタ映えするフォトジェニックな上級者の為のキャンプ場としてプロデュース。電子音楽再生機器の禁止や携帯電話圏外の最奥林間地を人気キャンプ場として蘇らせました。
炭焼の杜明ケ島キャンプ場公式ホームぺージ http://www.bt-r.jp/smc/



■「ならここの里キャンプ場」(2019年〜) 【静岡県掛川市】
30年以上の歴史を持つキャンプ場(最大収容人数500名/日)を、現代のアウトドアのニーズに合わせて再リニューアルすべくアウトドアプロデューサーとしてコンサルタント契約を結び、料金体系の見直しや施設の改善の要不要。予約方法の改善、イメージの刷新。利用者の顧客満足度の向上と利用率向上による運営と経営利益構造の構築業務。
ならここの里キャンプ場公式ホームページ https://www.narakoko.info/



■「朝霧高原 英知の杜キャンプ場」(2020年〜)【静岡県富士宮市】
朝霧高原に広がる2万坪の敷地、森と草原と農場。そこに新しいテーマでキャンプ場を作るお仕事。富士を望む朝霧高原に新しくキャンプ場を新設するプロデュース業務。巨大な芝生&青空キャンプ場が乱立する朝霧高原に、広葉樹の下でキャンプできる「森の中のキャンプ場」を設立。次のキャンプのニーズをとらえた、サイト利用者同士のプライバシーを重要視した「詰め込み過ぎない&他人の目線が気にならないキャンプ場」として新規オープンするプロデュース業務を実施。
朝霧高原 英知の杜キャンプ場公式ホームページ https://www.bt-r.jp/aec/




■「ポータブルロケットストーブ てんぐの小太鼓」(2020年10月)
ソロキャンプにちょうどいい。炎と音を楽しむ携帯型ポータブルロケットストーブのコンセプト確立とプロデュースをしたお仕事。製造元のナイトー工業さんからの依頼で試作品からサイズの選定、使用するコンセプトの確立と使用方法、イメージ写真の撮影、価格設定や仕様等をプロデュース。クラウドファンディングサイト「マクアケ」にて目標金額を大きく上回る1600%超えの人気商品となる。使うと炎の起こし方が自然と身に着く焚火キャンプビギナーに優しいストーブで、1.5リットルペットボトル程度の大きさと重さに収納できます。
「ポータブルロケットストーブ てんぐの小太鼓」
https://www.makuake.com/project/naito-kk/



■「静岡空港からのトレッキングコース 恋茶ロード」2020年4月


著作・出演・受賞
■「キャンプ大事典」監修 2019年9月初版(成美堂出版)
ビギナーがこの一冊でキャンプを始めることが出来る入門書として制作。成美堂よりオファーを受け約一年間かけて監修する。全カラーページで使われているアウトドアグッズは全て松山の実際に使用している私物のアウトドア道具で制作されている。全国の書店とインターネット(アマゾン等)で好評発売中。キャンプ大事典アマゾン 

 



■NHK「美の壺 キャンプ」出演 2019年4月
キャンプの静かな時間、音にこだわるキャンプ場を造ったプロデューサーとしてNHKの番組「美の壷」のキャンプ特集の放送に出演。静岡県掛川市の「炭焼の杜 明ヶ島キャンプ場」の再生をプロデュースしたアウトドアプロデューサーとして紹介されました。


NHKオンデマンド美の壺 「キャンプ」
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2019097448SA000/



■「建設業社会貢献活動推進月間功労者」表彰(2017/07/20)
炭焼の杜明ケ島キャンプ場が、一般社団法人全国建設業協会より「建設業社会貢献活動推進月間中央行事」において、2017年度「建設業社会貢献活動推進月間功労者表彰」を受賞。




■.HYAKKEI[ドットヒャッケイ]掲載 2017年8月
「日本一新しく、日本一不便″なキャンプ場『炭焼の杜 明ヶ島キャンプ場』がオープン!その理由とは?」というタイトルで、高規格キャンプ全盛の今、「不便さ」にあえてこだわった理由とは?「炭焼の杜 明ヶ島キャンプ場」をプロデュースをしたプロデューサーとして掲載。「アクセスが悪い、携帯電話が通じない、高規格でない」。あえて「3つの難条件」を押し出す演出をして人気キャンプ場を作ったプロデューサーとして紹介されています。
「.HYAKKEIインタビュー日本一新しく、日本一不便″なキャンプ場『炭焼の杜 明ヶ島キャンプ場』がオープン!その理由とは?」
https://hyakkei.me/articles-641



■NTTドコモ アイコンシェル 2018年3月
購読者541万人のNTTドコモの広報であるアイコンシェルの「デジタルデトックス特集」にて、大自然とじっくり対峙することができるキャンプ場。携帯電話の電波が通じないため、スマホを手放し、情報から遮断された穏やかなひと時を過ごせる秘訣として掲載。




■キャンプ場インタビュー/株式会社スペースキー 2020年8月
なっぷ、キャンプハック、ヤマハック等を運営する株式会社スペースキー様に、アウトドアプロデューサーとしての活動や想いをインタビュー頂きました。
【キャンプ場インタビュー♯5】炭焼の杜 明ケ島キャンプ場|Spacekey Inc. / 株式会社スペースキーhttps://blog.spacekey.co.jp/n/ne853fedb7533





■読売テレビ 最高の最下位
2020年11月 読売テレビ系列(全国ネット)◎番組名 最高の最下位 「最高の最下位」は、知られざるランキング最下位の【最高】を探るべく、ポジティブ取材を敢行する番組。日本で一番(○○な意味での)最高と最下位のキャンプ場を決定し紹介する為。アウトドアの専門家としての監修を行いました。




 
■2020年5月 静岡朝日テレビにて、「心を奪う 焚火特集」として、焚火の魅力についてを解説しました。





   
■「2021年5月20日発売 旅の月刊誌 ひととき様(ウェッジ社)2021年6月号」
「特集 琵琶湖グランピング」 旅人=飯島奈美、松山拓也 として掲載されました。 巻頭特集として22ページ、東海道新幹線のグリーン車や全国の書店でご覧ください。
「旅の月刊誌 ひととき(ウェッジ社)様」
https://wedge.ismedia.jp/list/hitotoki





■防災セミナーの様子が中日新聞朝刊湖西版で紹介されました。
2022年3月 静岡県湖西市商工会の依頼で「アウトドアスキルを活かす防災セミナー」に講師として登壇しました。
災害時、ライフラインが途絶えた際に活かせるアウトドアの技術や、あると便利な道具の使い方など実演を交えて説明し、受講者に体感してもらいました。